• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第491回臨床談話会開催 ご案内


あなたの質問をお受けします

第491回臨床談話会開催 ご案内

日時:2017年5月14日(日)10:00〜13:00
講師:京都市開業 瀧野裕行先生
会場:大阪大学歯学部記念会館(大阪大学吹田キャンパス内)
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。

講演内容

 近年、歯科医療の進歩や患者の意識の向上により歯の寿命は年々延びている。それに伴い天然歯とインプラントが混在しているケースを日常臨床の中でも多く目にする。このように天然歯列の中にインプラント治療を行なわなければならない場合、歯牙とインプラントの間に歯肉の連続性、骨の連続性、歯列の連続性を付与することが大切である。また審美領域の治療の成功には、多くのマテリアルから個々のケースにあった適正なものを選択するのは勿論のことだが、的確な診断に基づき、数多くの治療戦略の中から患者の失われた機能、審美の回復およびその治療結果の永続性が最も獲得出来ることを考え、その治療戦略を確実に遂行することが重要となる。複雑なケースでは、歯周治療、補綴治療、インプラント治療、矯正治療などを的確に適切なタイミングで応用することが望まれるが、とりわけ歯周治療においては硬・軟組織のテッシュマネージメントが審美的結果を得るために必要不可欠なオプションといえる。また歯を喪失すると歯槽骨や軟組織は委縮し、インプラント治療を必要とする多くの症例では、硬・軟両組織の増多が必要となる。このような場合においても、歯周治療で用いてきた歯肉移植やバイオタイプの改善、歯槽堤保存術などが有効な手段となる。今回、審美領域における歯周・インプラント治療について患者教育から包括的アプローチに至るまで、様々な症例を供覧し考察する。

【瀧野裕行先生】
■略歴
1991年
朝日大学歯学部卒業
1995年
タキノ歯科医院開設
2006年
医療法人 裕和会 タキノ歯科医院開設
朝日大学歯学部 非常勤講師(歯周病学講座)

JIADS副理事長
OJ副会長
NGSC副会長

日本臨床歯周病学会 認定医

■著書
ザ・クリニカルデンティストリー
成功に導くためのエッセンス

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2504 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2702 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード3001 1単位

チャイルドルームを設置しています。詳しくはココをクリックしてください!


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]