• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第417回臨床談話会開催 ご案内

村上 秀明 准教授

第417回臨床談話会開催 ご案内

歯科口腔領域での放射線の利用−最先端機器を使ってわかってきたこと−

日時:平成23年3月12日(土)14:30〜18:00
講師:大阪大学大学院歯学研究科 歯科放射線学教室 准教授 村上 秀明
会場:大阪大学歯学部同窓会館
※会場が変更になりました。
千里ライフサイエンスセンタービル 6階
地下鉄(北大阪急行電鉄)御堂筋線 千里中央行 終点・千里中央下車 北出口すぐ
詳しくはこちら

会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込は受付けておりません。
※第417回臨床談話会は、多数の参加者のもとで好評のうちに終了しました。
ありがとうございました。


【経歴】
1988年
大阪大学歯学部卒業
1992年
同 大学院歯学研究科修了
1994年
同 助手
1997年
文部省在外研究員
Visiting Assistant Professor (UCLA, USA)
Visiting Professor (University of Copenhagen, Denmark)
1998年
同 講師
2000年
同 准教授
 
大阪大学医学部附属病院 放射線治療科 准教授 兼任
2001年
大阪大学ラジオアイソトープ総合センター 准教授 兼任
2007年
大阪大学臨床医工学融合研究教育センター 准教授 兼任
2008年
Invited Professor (University of Copenhagen, Denmark)
講演内容

 本講演では、とかくわかりにくく無味乾燥な「放射線」に関して、わかりやすく潤いを持たせた内容のお話しをさせていただこうと思っております。
 まず、放射線の正しい知識についてお話し致します。みなさんは「放射線」の定義をご存じでしょうか?また、放射線が身の回りでどのように利用されているかご存じですか?これらを理解するためにも、よく似た言葉の「放射線」「放射能」「電磁波」「エックス線」を整理して説明致します。
 次に、歯科口腔領域への画像診断の応用についてお話し致します。初めに、エックス線フィルムを現像するアナログ検査とCCDやIP等を用いるデジタル検査について説明します。次に、CBCTについて、医科用MDCTと比較しながらその特徴をお話しし、歯科口腔領域での画像診断におけるCBCTの有用性について説明します。そして、放射線は使いませんが、顎関節症の診断などで威力を発揮するMRIについて簡単にお話し致します。
 三番目に、歯科口腔領域での放射線治療についてお話しします。昨年の5月に、世界で初めて口腔癌に対するIMRT(強度変調放射線治療)とIGRT(画像誘導放射線治療)が可能な放射線治療機器が、当科に導入されました。ここでは、まず口腔癌の実際を写真を中心に供覧し、放射線治療が成立するメカニズム、放射線治療の方法を説明します。特に舌癌に対しての、小線源治療について詳細にお話しします。そして、口腔癌の放射線治療の副作用についてお話しし、口腔癌の放射線治療を受けた患者様の歯科治療時の注意点などもお話しします。口腔癌の放射線治療で髪の毛が抜ける、なんて迷信を信じておられる方はいらっしゃいませんか?
 最後に、放射線検査の被曝についてお話しします。パノラマエックス線検査時の被曝量はデンタル撮影の約10倍だ、なんて何の根拠もなく言っておられませんか?CT検査によって、発癌したり子孫に悪影響が出たりするのでしょうか?ここでは、必ずみなさんの「被曝アレルギー」を解消したいと存じます。


日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2201 1単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2799 1単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2999 1単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード3101 1単位

問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲