• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第431回臨床談話会開催 ご案内

吉岡 秀郎 先生

動画で見る

第431回臨床談話会開催 ご案内

病院歯科口腔外科の最前線ーえーっうそやろ!驚くべき経過を辿った症例ー

日時:平成24年5月12日(土)14:30〜18:00
講師:大阪労災病院歯科口腔外科部長 吉岡 秀郎 先生
会場:大阪大学歯学部同窓会館
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。
※第431回談話会は、盛会の内に終了しました。パワフルな講演会で、有意義な談話会でした。
オンデマンド配信を予定しています。ホームページよりの参加をお待ちしています。


 【吉岡 秀郎 先生 経歴】
昭和62年
大阪大学歯学部歯学科卒業
昭和62年
大阪大学歯学部口腔外科学第一講座 研究生 入局
昭和63年
大阪大学大学院歯学研究科臨床系専攻(口腔外科学第一)入学
平成4年
大阪大学大学院歯学研究科臨床系専攻(口腔外科学第一)修了
平成4年
大阪大学歯学部附属病院第一口腔外科 医員
平成4年
大阪労災病院歯科医長
平成5年
大阪大学歯学部附属病院第一口腔外科 医員
平成9年
関西労災病院歯科医長
平成10年
大阪大学歯学部口腔外科学第一講座 助手
平成12年
大阪大学大学院歯学研究科顎口腔病因病態制御学講座 講師
平成12年
大阪労災病院歯科口腔外科部長(現在に至る)
【免許・資格】
昭和62年
歯科医師免許
平成4年
大阪大学博士(歯学)
平成6年
(社)日本口腔外科学会認定 専門医
平成12年
(社)日本口腔外科学会認定 専門医
平成19年
インフェクションコントロールドクター(ICD)
平成22年
がん治療認定医(歯科口腔外科)
【学会等役職】
(社)日本口腔外科学会評議員
日本頭頚部癌学会評議員
日本口腔感染症学会評議員
(社)日本口腔外科学会認定 専門医
日本歯科医師会歯科医療安全対策委員会委員
講演内容

 このたびは本講演にご興味を持っていただきありがとうございます。さて、最近の歯科医療の進歩は目をみはるものがあります。さらにインプラント補綴をはじめとする高度先進医療を積極的に取り入れ、臨床で成果をあげられている歯科医師の方も大勢おられます。しかし、その一方で、“いつまでも痛みが引かない”、“治療がうまくいかないので、○○・・”といった主訴で、我々のような後送二次病院の歯科口腔外科を受診するケースの割合は年々増加しています。中には全く問題ないように見える埋入したインプラントを突然撤去して欲しいと言われるケースもあります。理由を尋ねますと、昨日のテレビ番組をみて、怖くなったからという何とも子供じみた?理由もあります。なぜ、このような結果になるのでしょうか。長年、安全・安心な歯科保険医療に慣れている受診患者側と、高齢化社会に入り、合併症などのリスク含みの症例に絶えずチャレンジしている術者側との間で、意識のズレがあるように思えます。ではこのずれはどのように解消されるのでしょうか。解決策は3つあると思います。

1)検査・診断→説明→理解→選択→同意→治療というインフォームド・コンセント(IC)を意識した診療体系を構築する。
2)症例のリスクを的確に見抜き、自院で負担する治療上のリスクを分散する。
3)診断の根拠、治療の選択肢、治療上起こりえる0.1%以上のリスクなどをカルテに記載する。

特に説明責任を果たしていることを立証できるようなカルテ記載については平成18年度から始まった歯科医師臨床研修医制度において最重要指導項目となっています。本講習会では一般的な歯科治療後に発生した思いがけない予後不良症例を中心にピックアップし、その裏に潜む落とし穴について、皆さんと一緒に考えていきましょう。また院内感染対策は医療安全と密接に関連していますので、効果的な院内感染対策についても述べていきたいと思います。


日本歯科医師会生涯研修事業研修コード(医療安全と医療過誤)2307 2単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード(口腔外科処置)2702 2単位


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]