• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第443回臨床談話会開催 ご案内

木林 博之 先生

第441回臨床談話会開催 ご案内

これからの訪問歯科診療−一般開業歯科医による摂食嚥下障害への取り組み−

日時:平成25年5月25日(土)14:30〜18:00
講師:京都府開業 木林 博之 先生
会場:大阪大学歯学部同窓会館(阪大吹田キャンパス内)
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。
※第443回臨床談話会は盛会の内終了いたしました。今回の内容は、オンデマンド配信されますので、参加できなかった方は、オンデマンド配信で視聴してください。

【木林 博之 先生】
昭和58年 3月
大阪大学歯学部附属歯科技工士学校 卒業
昭和58年 4月〜10月
ワイデンタルラボラトリー勤務
平成4年 3月
大阪大学歯学部歯学科卒業
平成4年 4月
HYデンタルクリニック勤務
平成9年 4月
きばやし歯科医院開設
平成15年 3月
大阪大学歯学部歯学研究科卒業
平成21年 4月
大阪大学歯学部附属歯科技工士学校非常勤講師
平成24年 4月
大阪大学大学院歯学研究科
歯科補綴学第一教室招へい教員

日本補綴歯科学会専門医
日本審美歯科学会認定医
日本臨床歯周病学会認定医
日本歯周病学会会員
日本歯科理工学会デンタルマテリアルシニアアドバイザー
Academy of Osseointegration Active Member
American Academy of Periodontology Active Member
   
講演内容

1.Smile Guidelineと審美歯科修復の評価
2.歯間乳頭とジンジバルスキャロップに対するカントゥアの調整
3.前歯欠損修復における歯周外科的対応と補綴的対応
4.歯肉縁下のカントゥアの再現方法
(プロビジョナル・レストレーションからセラミックへ)

最近のスマイル分析によると、人は笑うと約7割の人で6前歯と小臼歯の殆どが見え、歯間乳頭については約9割の人ではっきりと認識されると報告されています。言い換えれば、人が笑った際、これらが見えないと不自然さを感じると言われています。
 審美補綴治療では、セラミック修復物の形態、色調、自然観に注目しがちですが、辺縁部の形態も重要な要素の一つです。辺縁部の形態は歯周組織に影響を与えるため、その形態が不良の場合、ときには炎症をひきおこし、また歯肉退縮や歯間乳頭の形態異常を引き起こします。
 予知性の高い審美補綴治療を成功させる鍵は、前処置として欠損顎堤を含めた歯周組織を適切な診断の基にコントロールし、マネージメントすることです。そして、歯科医師と歯科技工士、双方が的確に情報を伝達しあい、熟練された技術を駆使することで、はじめて優れた補綴装置が製作できます。さらに、補綴装置の仮着は、歯科医師および歯科衛生士が、歯周組織の反応を観察・評価し、治療の予知性を高めることを可能にします。
 今回、前歯部審美補綴治療において、補綴装置と歯周組織の接点に関係する以下の内容について、文献と私見を交えてお話させていただきます。①スマイル分析 ②補綴装置マージンの設定位置 ③クラウンカントゥア概論 ④補綴装置に与えたカントゥアの評価 ⑤クラウンの歯肉縁下カントゥアがジンジバルスキャロップに与える影響 ⑥歯間乳頭の存在に影響を与える要因 ⑦クラウンの歯肉縁下カントゥアが歯間乳頭に与える影響 ⑧歯科医師が行うべきカントゥア調整とラボサイドへの伝達方法 ⑨欠損修復の評価方法 ⑩顎堤異常に対する歯周外科的対応(硬組織、軟組織) ⑪欠損修復におけるカントゥア

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2105 1単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2303 1単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2504 1単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2605 1単位


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]