• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第444回臨床談話会開催 ご案内

向井 美惠 先生

第444回臨床談話会開催 ご案内

口から美味しく安全に食べる−五感で味わう食育と窒息予防−

日時:平成25年6月15日(土) 14:30〜18:00
講師:昭和大学名誉教授 向井 美惠 先生
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。
※第444回臨床談話会は盛会の内に、終了いたしました。
今回はオンデマンドを予定しておりません。


【向井 美惠 先生】
●経歴

昭和48年 3月
大阪歯科大学 歯学部 卒業
昭和49年 4月
東京医科歯科大学歯学部副手(小児歯科学教室)
昭和50年 10月
東京医科歯科大学歯学部文部教官助手(小児歯科学教室)
昭和53年 4月
昭和大学歯学部助手(小児歯科学教室)
昭和56年 4月
昭和大学歯学部講師(小児歯科学教室)
平成元年 4月
昭和大学歯学部助教授(口腔衛生学教室)
平成9年 5月
昭和大学歯学部教授(口腔衛生学教室)
平成20年 4月
昭和大学口腔ケアセンターセンター長(併任)
平成5年〜
日本大学松戸歯学部兼任講師
平成9年〜
神奈川歯科大学非常勤講師
平成10年〜21年
東京医科歯科大学非常勤講師
平成18年〜
岩手医科大学歯学部非常勤講師
平成24年 4月
昭和大学歯学部スペシャルニーズ口腔医学講座主任教授(口腔衛生学部門)
平成24年 4月
昭和大学歯科病院スペシャルニーズ歯科センターセンター長(併任)
平成25年 4月
昭和大学名誉教授
●資格

平成14年 7月
日本口腔衛生学会 認定医
平成15年 2月
日本障害者歯科学会 認定医・指導医
平成19年 1月
日本老年歯科学会 認定医・指導医・専門医
平成21年 4月
日本摂・嚥下リハビリテーション学会 認定士
●その他

平成7年
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会理事(〜平成23年)
平成9年
日本障害者歯科学会理事(〜現在)
平成9年
日本口腔衛生学会理事(〜平成23年)
平成18年
日本学術会議連携会員(〜平成23年)
平成19年
日本老年歯科医学会評議委員(〜現在)
平成19年
内閣府食育推進会議専門委員(〜現在)
平成20年
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会副理事長(〜平成23年)
平成21年
日本障害者歯科学会 理事長(〜平成23年)
   
講演内容

1.口腔の健康と食育
2.五感を意識した食べ方
3.食育推進のこれまで・これから
4.誤嚥窒息事故は何故起きる?その予防は?

歯科領域は、人の生涯にわたって命を支える「食」を育み、摂食・嚥下に関連する「食」に関わる医療支援を担当する専門領域である。
 近年の歯科保健を取り巻く状況を踏まえると、食物を単に栄養摂取を目的にした「食べる」だけでなく「味わって食べる」食べ方を歯科保健から支援すること、食べ方によっては命の危険が伴うことに歯科医療面から気付かせること、そして、食に伴う本来の人への効用である「味わい、寛ぎ」などを感じることで心の健康をも意識した命をつなぐ取組みを歯科全体から発信すること等が求められている。
 ここでは、食べる場である口腔の形態特徴によってライフステージを分けて食育の課題を提示し、健康な歯・口を維持して心身の健康の増進と豊かな人間形成を目指して生きる力を育む食育とその推進方法について、五感(味覚・触覚・嗅覚・聴覚・視覚)を育てる咀嚼習慣を育む食育など具体的な「食育」への関わりについて示したい。
 さらに、高齢者の食育は、高齢者への誤嚥や窒息防止に重点を置いた支援が第2次食育推進計画の中に明記されている。不慮の事故による死亡原因のうち、2011年度の窒息事故は9,727件(消費者庁:2012年6月)であり、この10年で最悪を記録した。窒息事故死の原因の約半数(4,869件)が食品を誤ってのみこむ誤嚥窒息によるもので、同様に過去最悪となっている。誤嚥・窒息事故の多くは、日常の食事やおやつを食ながら引き起こされており、多くは食物が粉砕されないままに誤嚥されて窒息事故が起こっている。窒息を起こしうるヒト側のリスク度として、歯列・咬合状態に加えて噛まずに丸飲み、吸い込み食べ、押し込み食べ、などの歯科領域の要因が食物要因ともに大きく関わっている。食物が口に摂りこまれる前から嚥下に至る過程の事故を引き起こしやすい要因とそれぞれに対する対応について注意点を示したい。

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2404 1単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2804 1単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2908 1単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード3099 1単位


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]