• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第460回臨床談話会開催 ご案内

飯田征二 教授
あなたの質問をお受けします

第460回臨床談話会開催 ご案内

口腔外科の基礎知識-一般歯科臨床医に求められる診断力-

日時:2014年10月26日(日)10:00〜13:00
講師:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 顎口腔再建外科学分野 
岡山大学病院 口腔外科(再建系) 飯田征二教授
会場:大阪大学歯学部記念会館(大阪大学吹田キャンパス内)
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。
今回の談話会も盛会の内終了いたしました。口腔外科の基礎の重要性を改めて認識し、診断力の大切さを再確認させていただきました。なお、今回の講演はオンデマンドを予定しております。講演に参加できなかった方は配信まで少しお待ちください。

【飯田征二教授 学歴】
1986年3月
大阪大学歯学部卒業
1989年4月
大阪大学歯学部口腔外科学第一講座 研究生
1988年7月
大阪逓信病院歯科口腔外科 医員
1989年4月
大阪大学歯学部附属病院 医員
1995年10月
大阪警察病院歯科口腔外科 副医長
1996年4月
大阪大学歯学部口腔外科学第一講座 助手
2000年3月
大阪大学歯学部附属病院第一口腔外科 講師
2000年11月
文部省長期在外研究員として、ドイツ ハイデルベルグ大学 顎顔面外科学講座へ留学(〜2001年6月)
2009年11月
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科顎口腔再建外科学分野 教授
2014年4月
岡山大学病院 副病院長(歯科系代表)
講演内容

 医療技術の著しい発展により多くの人たちが病気を有したまま、生活を送ることが可能となり、私たち歯科医師も従来の歯科的疾患の治療のみならず、その既往歴などを鑑みてQOLを考えた姿勢で口腔の治療を考えなければならない時代がやってきています。また、周術期医療への積極的関与など、医科歯科連携の強化が推奨され、口腔の専門医としての役割が医科より望まれているといえるかと思います。
 口腔外科という分野は、抜歯という歯牙の最後を看取る処置以外は、歯牙以外の口腔を構成する組織に発生する様々な疾患の診断、治療を担う分野といえます。当然口腔を構成する組織やそれに発生する疾患の多様さはご存知の通りであり、学生時代には限られた講義時間内で様々な疾患を機械的に憶えさせられた記憶は皆様お持ちかと思います。そのためか、どうも口腔外科には興味を持てず、その結果、粘膜疾患などへ苦手意識を持ってしまわれた先生方は多いかと思います。ただ、口腔の専門医としての性格が要求される現在においては、少なくとも異常正常の診断をつける責務が派生しているといえます。特に生命への影響が生じる口腔悪性腫瘍の発見は日々口腔を観察する歯科医師の重要な仕事であり、医科側より歯科医師に望まれている重要な業務といえます。したがって、これら責務を全うすることが、歯科が口腔の分野でひとの健康を管理しているという立場を医療界において確立することに繋がるといえます。
 このような状況を鑑み、今回の講演では、粘膜疾患のスクリーニングを念頭において、口腔外科の知識というものを臨床で活用できるような形で理解していただきたく講演を行いたいと思います。また、BP剤や最近の薬剤での口腔への不快症状の発生や、口腔外科への紹介のポイントなどに関しても併せてお話をできればと思っております。

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2401 1単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2703 1単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2706 1単位

本年度よりチャイルドルームを開設します!詳しくはココをクリックして下さい!


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]