• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第472回臨床談話会開催 ご案内


あなたの質問をお受けします

第471回臨床談話会開催 ご案内

日時:2015年10月18日(日)10:00〜13:00
講師:大阪大学大学院歯学研究科 臨床准教授
    薮根敏晃先生
会場:大阪大学歯学部記念会館(大阪大学吹田キャンパス内)
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。

講演内容

日々行っている感染対策が本当に正しいのか疑問に思ったことはないでしょうか?例えば、血液の付着した部位をアルコールで清拭する、感染症を有する患者さんで使用した器具をそのまま薬液に浸漬する、これは正しい処理方法なのでしょうか?
こうした疑問が生じる背景には、大学教育で感染対策に関して学ぶ機会が少なかった、漫然とこれまで勤めていた歯科医院の方法を踏襲した、あるいは全て歯科衛生士に任せているから、などの理由があるかもしれません。
また、正しい処理方法を知っているにも関わらず、人手、時間、予算など種々の制約、あるいは日常業務に追われ、やむを得ずに妥協的な感染対策を続けていることもあろうかと思います。
 しかし、毎年のように新たな病原体の発生がニュースで流れ、大小問わず様々な医療に関する報道がなされている現在、医療に 関する世間の目は一段と厳しくなっており、歯科医院においても、このような時代に対応した感染対策を講じる必要があります。
 そこで本講演では、感染対策の現在の考え方に関して、参考論文や機器の構造を例示しながら、できるだけわかりやすくお伝えしようと思います。なぜ、そうしなければいけないのか、その理由を知れば、取り組み方も自ずと決まってくると思います。本講演が、皆様の感染対策の知識を深める一助となりましたら幸いです。

【薮根敏晃先生】
平成10年3月
大阪大学歯学部卒業
平成10年6月
大阪大学歯学部附属病院保存科 研修医
平成16年3月
大阪大学大学院歯学研究科 博士課程修了
平成16年4月
大阪大学歯学部附属病院保存科 医員
平成19年4月
大阪大学大学院歯学研究科歯科保存学教室 助教
平成24年4月
大阪大学歯学部附属病院保存科 外来医長
平成27年4月
大阪大学大学院歯学研究科 臨床准教授
【資格】
大阪大学博士(歯学)
日本歯科保存学会 保存治療専門医
日本医療機器学会 第2種滅菌技士

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2102 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2306 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード3101 1単位

チャイルドルームを設置しています。詳しくはココをクリックしてください!


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]