• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第478回臨床談話会開催 ご案内


あなたの質問をお受けします

第478回臨床談話会開催 ご案内

日時:2016年4月17日(日)10:00〜13:00
講師:大阪大学大学院歯学研究科 口腔分子免疫制御学講座(予防歯科学教室)
講師:天野敦雄教授 永田英樹准教授
講師:小島美樹先生 山上千夏先生
会場:大阪大学歯学部記念会館(大阪大学吹田キャンパス内)
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。

講演内容

1.バイオフィルムの知られざる本態(天野敦雄).
口腔2大疾患の原因はバイオフィルムです。バイオフィルムは生きています。日々、年々、病原性を高めていきます。そのメカニズムは?バイオフィルムの病原性を高めないための科学をお伝え致します。

2.徹底比較!オーラルケア用品(小島美樹)
多様化するオーラルケア用品、患者さんに何を勧めればいいのでしょうか?お答えします。電動歯ブラシ、洗口剤、プロバイオティクス製品などを、さまざまな角度から最新のエビデンスに基づいて比較し、選択のポイントをご紹介します。

3.目から鱗のスマートブラッシング指導(山上千夏)
ブラッシング指導をする時何を見ていますか?プラークの付着部位?量?例えば歯周状態の変化や歯周組織の反応性を観察することで指導の方向性が見えてきます。プラーク除去信仰を卒業して無駄のないブラッシング指導を目指しましょう。

4.実践・オーダーメイド予防歯科(永田英樹)
口腔の健康を保持増進するためには、定期的な口腔保健管理が重要です。しかし、とおり一遍の指導や口腔清掃では効果的な予防はできません。歯周病予防を中心とした実践的な予防歯科診療について、リスク予測検査や最新の予防歯科グッズの紹介を含めてお話し致します。

著書
天野敦雄:歯科衛生士のための21世紀のペリオドントロジーダイジェスト. クインテッセンス出版

【天野敦雄先生】
1984年
大阪大学歯学部卒業、同予防歯科学教室入局
1992年
ニューヨーク州立大学歯学部 博士研究員
1997年
大阪大学歯学部附属病院 障害者歯科治療部 講師
2000年
大阪大学歯学研究科 口腔分子免疫制御学講座 先端機器情報学分野 教授
2011年
大阪大学歯学研究科 口腔分子免疫制御学講座 予防歯科学分野 教授
2015年
大阪大学歯学研究科長・歯学部長
 
● 日本口腔衛生学会理事


【永田英樹先生】
1987年
大阪大学歯学部卒業、同予防歯科学教室入局
1994年
ニューヨーク州立大学歯学部 博士研究員
2003年
大阪大学歯学研究科 口腔分子免疫制御学講座 予防歯科学分野 准教授
2016年
関西女子短期大学 歯科衛生学科 教授(予定)
 
● 日本口腔衛生学会代議員、指導医


【小島美樹先生】
1990年
大阪大学歯学部卒業
1993年
大阪大学歯学部予防歯科学講座助手
2007年
大阪大学歯学研究科 口腔分子免疫制御学講座 予防歯科学分野 助教
2016年
梅花女子大学 看護保健学部口腔保健学科 教授(予定)
 
● 日本口腔衛生学会指導医、日本公衆衛生学会認定専門家


【山上千夏先生】
1984年
大阪府立公衆衛生専門学校歯科衛生学科卒業、歯科医院勤務
1996年
大阪府立看護大学短期大学部歯科衛生学科非常勤助手
1997年
大阪大学歯学部附属病院看護部 歯科衛生士主任
 
● 国立大学歯学部附属病院歯科衛生士協議会会長
 
● 全国歯科大学・歯学部附属病院歯科衛生士協議会会長
 
● 大阪府歯科衛生士会理事

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2504 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード3001 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード3002 1単位

チャイルドルームを設置しています。詳しくはココをクリックしてください!


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]