• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第482回臨床談話会開催 ご案内


あなたの質問をお受けします

第482回臨床談話会開催 ご案内

日時:2016年8月21日(日)10:00〜13:00
講師:大阪市開業 杉野道崇先生
会場:大阪大学歯学部記念会館(大阪大学吹田キャンパス内)
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。

講演内容

 矯正治療において、健康な歯を抜歯する便宜抜歯を行うことは珍しいことではない。これは、歯数は減っても個性正常咬合を獲得し、審美面ならびに口腔衛生面、そして咀嚼機能の向上を目標としているからである。その一方で、抜歯矯正治療か、あるいは非抜歯矯正治療かの論争がいまだ行われていることも事実である。抜歯する必要がなければ非抜歯による治療の方が良いし、抜歯しなければならないのに非抜歯で治療された結果は、それに対して嫌悪感をもつ矯正医もいる。では、なぜこのような論争が続くのだろうか。それは、それぞれの矯正医の抜歯・非抜歯の判断基準や技量の差によるものであると考えられる。演者は、非抜歯矯正治療法のひとつであるGreenfieldのCADテクニックをベースとした治療を1995年より行ってきた。このテクニックでは、「アーチディベロップメント」と呼ばれる筋肉の再教育を行いながら臼歯を整直することから治療を開始する。その結果、新しいニュートラルゾーンが作り出され、頭蓋の解剖学的構造からみても術後の長期安定性につながるという治療法である。今回は、この治療法を長年行うことによって見えたきた抜歯・非抜歯の判断基準に対する考え方を、咬合や咀嚼といった観点からだけでなく、呼吸・摂食・嚥下という観点からも考察しお話ししたい。

【杉野道崇先生】
1991年
大阪歯科大学卒 歯科医師国家試験合格
1995年
大阪歯科大学大学院歯学研究科卒 歯学博士
1996年
大阪歯科大学歯科矯正学講座非常勤講師(1997年まで)
1996年
日本矯正歯科学会認定医取得
2001年
杉野矯正歯科クリニック矯正歯科開業


日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2404 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2801 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2903 1単位

チャイルドルームを設置しています。詳しくはココをクリックしてください!


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]