• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第488回臨床談話会開催 ご案内


あなたの質問をお受けします

第487回臨床談話会開催 ご案内

日時:2017年2月19日(日)10:00〜13:00
講師:大阪市開業 佐藤琢也先生
会場:大阪大学歯学部記念会館(大阪大学吹田キャンパス内)
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。

講演内容

医学や健康の分野ほど、怪しげな信念やドグマ、そしてときに有害な信念がはびこっている分野はない。利潤追求のために患者のもつ心理的な弱みに付け込み、効果の実証されていない「健康製品」を堂々と販売し、患者に使用させる行為は悪質としか表現のしようがない。 しかし、我々医療従事者も、科学的根拠がないにもかかわらず、ある種の治療法の効果を完全に信じ込み、良かれとの思いで患者に施術していた(あるいは推奨した)経験は、口にはしたくはないが、誰もが多少なりとも持つ過去の一旦であろう。

こういった誤信の積み重ねが、患者・個人の健康を損ね、社会全体に莫大な経済的損失を引きおこすのであるが、それゆえに、これらの誤信に対しては、とくに我々医療従事者が率先してそれらを矯正するような心理的習慣を養うことで対処するしかない。これが本講演で紹介する「ヘルスリテラシー(health literacy)」である。

本講演では、自身の歯周外科やインプラント治療例を交えながら、ヘルスリテラシーの活かし方を紹介し、また、ヘルスリテラシーを身につけるために最低限必要な統計用語解説しつつ、文献抄読のポイントなどについても言及したいと思う。本講演は堅い話でもなければ決して難解な内容でもないので、気兼ねなく多くの諸兄先生方に聴講くだされば演者としても幸甚である。

【佐藤琢也先生】
■略歴
1998年
大阪歯科大学 卒業, 大阪大学歯学部附属病院口腔総合診療部 入局
2003年
大阪大学大学院 歯学研究科 博士課程修了 (歯学博士)
2005年
UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)プリセプターコース履修
2006年
サトウ歯科・デンタルインプラントセンター大阪 開業 
2007年
大阪歯科大学歯科技工士学校非常勤講師
2009年
医療法人俊慈会 サトウ歯科 理事長

■所属・認定医等
Club GP 代表
日本口腔インプラント学会 会員,専門医
日本補綴歯科学会 会員,専門医
日本審美歯科学会 会員,評議員,認定医
日本デジタル歯科学会 会員,評議員
大阪口腔インプラント研究会 セミナー講師
European Association for Osseointegration 会員

■関連書籍
ザ・クインテッセンス(クインテッセンス出版),2011年7月より半年間連載.
「ヘルスリテラシーを高める:地に足ついた医療への頭のトレーニング」.

ザ・クインテッセンス(クインテッセンス出版),2010年6月.
「今こそインプラントの真の価値を再考する」.

QDT Art & Practice(クインテッセンス出版) CAD/CAM Year Book. 2011, 2012, 2013. 翻訳.

Plastic-Esthetic Periodontal and Implant Surgery: A Microsurgical Approach (Quintessence Publishing) 翻訳

ザ・クインテッセンス(クインテッセンス出版),2014年11月.
「トンネリングテクニックのインプラント審美への応用」.

ザ・クインテッセンス(クインテッセンス出版),2015年8月.
「マテリアルを使いこなそう−審美的で繊細なティッシュマネージメントのために−」.

季刊 歯科医療(第一歯科出版), 2016年7月.
「デジタル機器による検査データと患者へのインフォームドコンセント」

ザ・クインテッセンス(クインテッセンス出版),2016年10月より連載.
「Minimally Invasive Surgery : マイクロスコープで変わる歯周形成外科へのアプローチ」.

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2105 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2113 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2799 1単位

チャイルドルームを設置しています。詳しくはココをクリックしてください!


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]