• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第489回臨床談話会開催 ご案内


あなたの質問をお受けします

第489回臨床談話会開催 ご案内

日時:2017年3月5日(日)10:00〜13:00
講師:山口県開業 佐々生康宏先生
会場:大阪大学歯学部記念会館(大阪大学吹田キャンパス内)
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。

講演内容

 睡眠時無呼吸臨床における連携医療の中で,単にマウスピースを作る ‘モノつくり屋’になっていないでしょうか?
 歯科は,マウスピース(Oral Appliance;OA)作製のみならず,口腔顎顔面領域の専門家として睡眠呼吸病態のメカニズムを知り,閉塞の要因はどこにあるのか,OA治療効果はどう予測されるのか,OA治療の限界はどこなのかなどを診断する役割が求められています.
 OA治療は,2004年から保険医療にも導入され睡眠臨床の一端を歯科が担うことになりました.今や歯科はなくてはならない存在になっており,治療ニーズは増え続けています.しかしながら,歯科自身の勉強不足から,睡眠臨床に携わる歯科医師はごく一部に過ぎず,歯科として睡眠医療を底上げできていないという現実があります.医科と連携して立ち向かっていかなければならない疾患にも関わらず,医科と会話できる歯科医師が少ないことが問題となっています.
 医療連携が苦手と感じる先生もいらっしゃるかもしれません.医療とは「知識」と「技術」の提供です.歯科は「技術」ばかり磨こうとする傾向がありますが,同時にそれ以上の「知識」が伴わなければ,診断することもできませんし,患者さんや医科主治医に情報提供することもできません.‘モノつくり屋’のOAを提供し続けていれば,いつまでも信頼を構築することはできないかもしれません.
 開業歯科医が地域医療の中で真の役割を果たすためには何をすればよいのか,そのヒントを本講演会の中で見つけていただければ幸いです.

【佐々生康宏先生】
■略歴
2000年3月
大阪大学歯学部卒業
2004年3月
大阪大学博士(歯学)取得
大阪大学大学院歯学研究科卒業
2004年4月
大阪大学歯学部附属病院顎口腔機能治療部 医員
2008年4月
重症心身障害児者施設四天王寺和らぎ苑 歯科科長
2010年4月
大阪大学歯学部臨床講師兼務
2011年5月
ささお歯科クリニック口腔機能センター 院長
2012年4月
大阪大学歯学部招聘教員兼務
2016年11月
山口大学医学部臨床教授兼務

■専門分野
摂食嚥下障害、睡眠時無呼吸、
音声言語障害、ドライマウスなどの口腔機能障害

■資格
大阪大学博士(歯学)、日本睡眠学会認定医、日本睡眠歯科学会指導医、
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士、歯科医師臨床研修指導医

■役職
日本睡眠歯科学会理事(教育)
岩国歯科医師会理事(地域医療)
山口大学医学部臨床教授
大阪大学歯学部招聘教員

■学会
日本睡眠歯科学会理事、日本睡眠学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、
  日本口腔外科学会、日本口腔科学会、日本障害者歯科学会、日本老年歯科医学会、
  American Academy of Dental Sleep Medicine、Asian Academy of Dental Sleep Medicine

■受賞
Clinical Research Award (American Academy of Dental Sleep Medicine 2010)

■取得特許
嚥下内視鏡観察用ゼリー

■著書
・睡眠時無呼吸症候群の口腔内装置治療、医歯薬出版
・歯周治療って面白い!マンガでわかる考え方とテクニック、第1巻、第2巻、医歯薬出版
・イラストとマンガで診る口腔病理診断学のポイント、永末書店
・重症心身障害児者のための摂食嚥下ハンドブック、社会福祉法人四天王寺福祉事業団
・マンガでわかる成功へのプロセス30 歯科医院に本当に必要なこと、医歯薬出版

■商業誌
・内視鏡を睡眠歯科領域に活かす,歯界展望vol.128(1), July,医歯薬出版,2016
・歯科医院で歯科衛生士ができる「ムセ」への対応,歯科衛生士40(3),クインテッセンス出版,2016

■論文
・Okuno K, Sasao Y, Nohara K, Sakai T, Pliska BT, Lowe AA, Ryan CF, Almeida FR;
   Endoscopy evaluation to predict oral appliance outcomes in obstructive sleep apnoea. Eur Respir J, 2016

・Matsuno K, Nohara K, Fukatsu H, Tanaka N, Fujii N, Sasao Y, Sakai T;
   Videoendoscopic evaluation of food bolus preparation: A comparison between normal adult dentates and
   older adult dentates, Geriatr Gerontol Int. 2015

Sasao Y, Nohara K, Okuno K, Nakamura Y, Sakai T;
   Videoendoscopic diagnosis for predicting the response to oral appliance therapy in severe obstructive sleep apnea,
   Sleep Breath 18(4):809-15, 2014

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2805 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード3001 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード3199 1単位

チャイルドルームを設置しています。詳しくはココをクリックしてください!


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]