• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第494回臨床談話会開催 ご案内


あなたの質問をお受けします

第494回臨床談話会開催 ご案内


日時:2017年8月20日(日)10:00〜13:00
講師:三重県開業 峰 啓介先生
会場:大阪大学歯学部記念会館(大阪大学吹田キャンパス内)
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。

講演内容

 矯正科時代は、タービンを握ったことさえありませんでした・・・
 しかし、矯正科を出た後、運よく口腔外科に入局した私は、一般歯科治療全般および抜歯をはじめとした口腔外科処置を学びました。それにより、私の歯科治療が大きく広がりました。そして、矯正治療の診断においても、考え方に変化がありました。例えば、矯正の便宜抜歯でどの歯を抜くのか。矯正の難易度だけでなく、抜歯の難易度も考えるようになりました。また、歯科治療を行う際にも歯を動かすというオプションがあることは、非常に歯科治療を有利にします。欠損補綴に関しても選択肢の一つになります。
 矯正治療を行う際に、一般治療をどのように絡めているのかを紹介します。
 その矯正治療において、私はNiTiワイヤーを多用しています。NiTiワイヤーは形状記憶と超弾性という特徴を持ち、ステンレススチールワイヤーに比べて非常に柔らかいワイヤーであり、通常レベリングワイヤーとして使用されることが多いワイヤーです。そのNiTiワイヤーをヒートベンダーという機器で永久変形させることにより、様々な調節が可能になります。その具体例を紹介します。

【峰 啓介先生】
2000年
東京医科歯科大学歯学部卒業
2004年
東京医科歯科大学大学院咬合機能矯正学分野卒業
2004年
三重大学医学部付属病院口腔外科学勤務
2006年
峰歯科医院勤務(三重県伊賀市)
2013年
峰歯科・矯正歯科クリニック院長就任
2016年
エマーブル歯科・矯正歯科クリニック開院(大阪市)

■著書
みんなの知りたい小児歯科 峰啓介(著)




■論文
Occlusal Forces Promote Periodontal Healing of Transplanted Teeth and Prevent Dentoalveolar Ankylosis: An Experimental Study in Rats (Angle Orthodontist, Vol 75, No 4, 2005)



日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2303 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2801 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2905 1単位

チャイルドルームを設置しています。詳しくはココをクリックしてください!


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]