• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第499回臨床談話会開催 ご案内


あなたの質問をお受けします

第499回臨床談話会開催 ご案内


日時:2018年1月21日(日)10:00〜13:00
講師:大阪市立大学大学院医学研究科
講師:歯科・口腔外科学教室 教授 中原寛和先生
会場:大阪大学歯学部記念会館(大阪大学吹田キャンパス内)
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。

講演内容

 平成27年4月大阪市立大学医学部附属病院に歯科・口腔外科学教室が新設され、診療部長を任されました。なぜこの時期に歯科・口腔外科が新設されたのでしょうか。歯科を含む医療行政・医療環境に大きな変化があるように思われます。歯科医師だけの世界ではなく、医学部附属病院を含む医療の世界の中で、私たち歯科医師は如何なる役割を果たせばいいのでしょうか。私たちは試行錯誤の真っ只中です。
 平成24年度より周術期口腔機能管理料の算定が可能となり、医科歯科連携に関する保険点数が新設されています。しかし、開業されている先生はどのようにしてこの周術期口腔機能管理料を算定し得るのでしょうか。そこには医学部附属病院の歯科口腔外科や病院歯科(歯科口腔外科)の立ち位置にヒントがあるように思われます。一方、医科歯科連携といっても、いろいろな連携があります。周術期の患者さんの口腔ケア、骨粗鬆症の薬による顎骨壊死に関わる連携、糖尿病患者に関わる口腔ケアなどなど。いくつかの具体例の中から、有効な医科歯科連携について考えてみたいと思います。私たちの経験からすると、真の医科歯科連携とは、医師、歯科医師がFace to faceでお互いに協力する心を持てるような環境を作るところから生まれてくるように思われます。

【略歴】
1989年
大阪大学歯学部卒業
1993年
大阪大学大学院歯学研究科修了(学位:博士(歯学)
1993年
大阪逓信病院(現NTT西日本病院)・歯科口腔外科・医員
1994年
National Institutes of Health、National Institutes of Dental Health研究員、
Georgetown University Lombardi Cancer Center研究員
1997年
大阪大学歯学部附属病院・医員(第一口腔外科)
1996年
関西労災病院・歯科口腔外科・医長
2000年
大阪大学歯学部附属病院・助手(口腔外科学第一教室)
2004年
大阪大学歯学部附属病院・准教授(口腔検査学教室)
2009年
近畿大学医学部附属病院・准教授
2015年
大阪市立大学大学院医学研究科・歯科口腔外科・診療部長・病院教授



日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2107 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2112 1単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2402 1単位

チャイルドルームを設置しています。詳しくはココをクリックしてください!


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]