• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第515回臨床談話会開催 ご案内



あなたの質問をお受けします

第514回臨床談話会開催 ご案内


日時:2019年5月26日(日)10:00〜13:00
講師:大阪大学大学院歯学研究科顎口腔病因病態制御学講座
    顎口腔腫瘍学分野(口腔外科学第二教室) 今井智章先生
会場:大阪大学歯学部記念会館(大阪大学吹田キャンパス内)
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。

講演内容

顎口腔領域の外傷に対する治療は、画像診断装置の普及や各種材料の開発などにより大きく進歩しています。われわれは、予期せぬ受傷により口腔諸器官の形態、機能が損なわれた患者の不安に応えつつ、迅速かつ的確に診断および治療(あるいは他医療機関へ紹介)することが求められます。 本講演では、私たちが普段留意している急性期外傷の診断や治療を行ううえでの口腔外科的なポイントを概説します。診断については、下顎骨の偏位の小さな骨折をパノラマ撮影単独で評価することはときに困難ですが、見落としを軽減する方策を、臨床所見の診断特性もふまえて考えます。治療では、歯牙脱臼、歯槽骨骨折や限局性の軟組織損傷は、遭遇する機会が多いゆえにピットフォールに留意した確実な処置が望まれます。また、医科歯科連携の強化が推奨されるなか、歯科医師は”口腔専門医”としての役割がますます求められています。今回、まれな外傷関連疾患である破傷風についての病期に応じた連携を経験症例から提示したいと思います。当科における外傷治療を御覧になることで、今後の病診連携がよりイメージしやすいものになれば幸いです。

[今井智章先生]
【略歴】
1999年
大阪大学歯学部卒業、口腔外科学第二教室へ入局
2003年
大阪大学大学院歯学研究科博士課程修了
同年より
大阪大学歯学部附属病院口腔外科2 医員、市立伊丹病院 歯科口腔外科 医員
2006年
大阪府済生会千里病院 歯科口腔外科 医員
2010年
大阪大学歯学部附属病院口腔外科2 医員
2011年
大阪府済生会千里病院 歯科口腔外科 医長(診療科長)
2013年
大阪府済生会千里病院 歯科口腔外科 副部長(診療科長)
2014年
大阪大学大学院歯学研究科口腔外科学第二教室 助教
現在に至る
学会認定医等
日本口腔外科学会 口腔外科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医(歯科口腔外科)
外傷関連論文
J Trauma 2011; Int J Oral Maxillofac Surg 2014, in press
J Oral Maxillofac Surg 2009, 2019; Dentomaxillofac Radiol 2014
Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol 2013, 2014
日口外誌 2007, 2009, 2016; 口科誌 2011, 2011, 2017

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2201 2単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2702 2単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2704 2単位

チャイルドルームを設置しています。詳しくはココをクリックしてください!
臨床談話会開催日10日前まで(完全予約制)
ご予約のない場合はご利用できません。定員に達し次第締め切らせていただきます。


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]