• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第517回臨床談話会開催 ご案内



あなたの質問をお受けします

第517回臨床談話会開催 ご案内


日時:2019年7月21日(日)10:00〜13:00
講師:徳島大学名誉教授 松尾敬志先生
会場:大阪大学歯学部記念会館(大阪大学吹田キャンパス内)
会費:5000円 ※臨床談話会は当日受付のみです、事前申込の必要はありません。

講演内容

歯科はこれから変わって行くのではと思います。大げさに言えばパラダイムシフトを起こすのではと思います。具体的には、失った歯質や歯を補い咀嚼機能を回復するという技術中心の歯科から、健康寿命の延伸に貢献できる歯科へと変わるのではと思っております。
 勿論、う蝕や歯周病の治療を行うのですが、これを治すというのではなく、いかにマネージメントするか、そしていかに歯質そして歯を保存するのかということに主眼が置かれて行くのではと考えています。それにはこれらの疾患の病態を正しく理解する必要があります。
 今回、う蝕とその続発疾患(歯髄炎・根尖性歯周炎)について、その病態を細菌感染という観点から解説するとともに、その治療法の意味するところを考えて見たいと思います。さらに、これら疾患の病態を踏まえたこれからの歯科のあり方についても言及し、皆様方とディスカッションできればと考えております。

[松尾敬志先生]
【略歴】
1980年
大阪大学歯学部卒業
1984年
大阪大学大学院歯学研究科修了(口腔治療学)
大阪大学歯学部助手
大阪大学山岳会カラコルム遠征隊隊長
1984年
フランス国立科学センター留学
1990年
徳島大学歯学部附属病院講師
1996年
徳島大学歯学部教授
2013年
徳島大学病院副病院長
2017年
日本歯科保存学会理事長
2019年
徳島大学名誉教授

Matsuo T, Nakanishi T, Shimizu H, Ebisu S.
A clinical study of direct pulp capping applied to carious-exposed pulps.
J Endod. 22: 551-556, 1996.

Matsuo T, Shirakami T, Ozaki K, Nakanishi T, Yumoto H, Ebisu S.
An immunohistological study of the localization of bacteria invading root
pulpal walls of teeth with periapical lesions.
J Endod, 29:194- 200, 2003.

中西正,松尾敬志
感染根管における細菌感染の実態
「感染根管治療 Retreatment 感染制御の要点を知る」 ヒョーロン・パブリッシャーズ,東京,25-38,2019.

保存修復学21(第五版)永末書店、エンドドンティクス(第五版)永末書店

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2202 2単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2501 2単位

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2503 2単位

チャイルドルームを設置しています。詳しくはココをクリックしてください!
臨床談話会開催日10日前まで(完全予約制)
ご予約のない場合はご利用できません。定員に達し次第締め切らせていただきます。


問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲

]