• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第76回臨床研修会開催 ご案内

阪井 丘芳 教授
動画で見る

第76回臨床研修会開催 ご案内

睡眠時無呼吸症候群における歯科的アプローチ

日時:平成24年7月29日(日)9:30〜17:00
担当教授:顎口腔機能治療学教室 阪井 丘芳 教授
指導教官:野原幹司、奥野健太郎、佐々生康宏、若杉葉子、上田菜美、深津ひかり
(顎口腔機能治療学教室)(敬称略)
第76回歯科臨床研修会は、顎口腔機能治療学教室の先生方の素晴らしい講演と分かりやすい実習が終了しました。受講者には、明日からの臨床に必要な色々な素晴らしいグッズを参加特典として配布され、本当の意味で明日からの臨床に役立つ研修会でした。

 新幹線の居眠り運転のニュース(2003年)以後、睡眠時無呼吸症候群(SAS)という言葉は広く国民に知られるようになってきました。SASは事故の引き金となって社会に多大な損害を与えるだけでなく、高血圧症、動脈硬化症、心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病の悪化因子となることも続々と報告されています。
 歯科においても2004年度より、SASに対する治療用口腔内装置(Oral appliance;OA)の装着が保険治療として可能となりました。OAは可撤式のSAS治療用装置であり、睡眠時に下顎を前方位にして気道を確保するために用いられ、その作製と装置は歯科での対応が求められています。しかしながら、歯科医師の間からは「OA治療の依頼をしたいが、どの歯科医院を紹介したらよいか分からず困っている」などといったような声が聞かれており、OA治療のニーズはあるものの、医科−歯科の連携がとれていないのが現状のようです。
 本セミナーでは、SASの基礎知識を学んでいただくと同時に、いかに効果的なOAを作製するか、受講者ご自身のOAを作製して頂き、その作製法の勘どころを学んで頂きます。
また、いかに医科と連携してスムーズに診療を行うか、その知識とテクニックを学んでいただきたいと思います。また、受講後すぐ、明日からSAS診療が開始できるよう様々な資料をお土産として用意しております。

研修内容

○講義
 1.睡眠時無呼吸症候群の基礎知識
 2.睡眠時無呼吸症候群の歯科における検査と診断
 3.OA作製のコツ
 4.トラブルシューティング
 5.医科との連携、診療報酬

○デモ
 1.内視鏡実演
   診断力を高めるために、内視鏡で咽頭の構造をのぞいてみましょう。
 2.CPAP(持続陽圧呼吸)装置の体感
   医科での一般的な治療を知っておきましょう。

○実習
 ※受講者同士でお互いにOAを作ります。ご自分のOAができ上がります。
 @技工サイドでのコツ(チェアタイムを短くするための指示の出し方)
 Aチェアサイドでのコツ

○お持ち帰りいただく資料
 1.SAS診療の院内掲示用ポスター
 2.診療に関する各種用紙(問診票、OA取扱説明書)
 3.患者説明用冊子
 4.SAS診療についての説明画像データ(デジタルフォトフレームなどで使用)

定員および会費

参加資格:歯科医師
定員:21名
会費:40,000円
※歯科技工士が同行される場合は、1名5000円でご参加いただけます。
材料費内訳:テキスト(オリジナル)、口腔内装置用アクリル板、即時重合レジン、筆、カーバイドバー、研磨用バー


本実習では、原則として受講者本人のOAを作製して頂きます。運営の都合上、あらかじめご自身の上下顎の硬石膏模型を7/6(金)までに下記の郵送先まで送付して下さい。義歯装着の方は、義歯をはずした状態での状態の模型をお願い致します。ご自身のOA作製を希望されない場合は、こちらで用意した模型で学習していただきます。なお、送料は受講者のご負担でお願い致します。

硬石膏模型の郵送先、申し込みおよび問い合わせ先
〒565-0871  吹田市山田丘1-8
大阪大学歯学部同窓会 臨床研修会係
TEL  06-6875-1389(直通)

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード 2404  2単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード 2805 3単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード 2898 3単位

申込方法

本来の締切り日よりも早いのですが、定員を超える申込者がありましたので、
申込みを締切らせていただきます。

申込みおよび問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会臨床研修会係
TEL.06-6875-1389(直通)

このページのTOPへ▲