• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第85回学術講演会開催 ご案内

馬場 一美 先生,加藤 隆史 先生

第85回学術講演会開催 ご案内

見えざる力、ブラキシズムと向き合う〜みえてきた病態とその対応〜

日時:平成25年6月30日(日) 10:00〜16:30
講師:昭和大学歯学部歯科補綴学教室 教授 馬場 一美 先生
大阪大学大学院歯学研究科口腔解剖学第二教室 講師 加藤 隆史 先生
会場:大阪大学歯学部同窓会館(大阪大学吹田キャンパス内)
会費:15,000円

※多くの参加、ありがとうございました。盛会の内に終了することができました。
なお、オンデマンド配信の予定は、ございません。


【馬場 一美 先生 略歴】
1986年 3月
東京医科歯科大学歯学部卒業
1991年 3月
東京医科歯科大学大学院修了(歯学博士)
1993年 4月
東京医科歯科大学歯学部 助手(歯科補綴学第一講座)
1996年 4月
文部省在外研究員米国UCLA
2002年 7月
東京医科歯科大学 講師
2007年 10月
現職
●学会等

(社)日本補綴歯科学会: 理事(診療ガイドライン委員会)
日本顎口腔機能学会:理事
International Association for Dental Research Prosthodontics Group: Director
Society of Oral Physiology (Store Kro Club): Full time member
(社)日本顎関節学会
日本歯科医学教育学会
口腔病学会
昭和歯学会:評議員
(社)日本補綴歯科学会東京支部会:理事
昭和大学歯学部歯科補綴学教室 教授
【加藤 隆史 先生 略歴】
1994年 3月
大阪大学歯学部卒業
1998年 3月
大阪大学大学院修了 博士(歯学)
1998年 4月
モントリオールサクリカ病院 睡眠生体リズム研究所
モントリオール大学神経科学研究所・歯学部 博士研究員
2001年 9月
同 研究助手
2003年 4月
松本歯科大学 講師
2005年 9月
松本歯科大学 准教授
2008年 1月
同大学病院 歯ぎしり睡眠時無呼吸症外来 主任(兼務)
2008年 9月
現職
●学会等(役)職

日本睡眠学会:評議員・認定歯科医
日本顎口腔機能学会:評議員、編集委員
Integrated Sleep Medicine Society Japan:実行委員代表
大阪大学歯学会:庶務理事
International Association for Dental Research Neuroscience Group: President (2009)
編集委員:Journal of Dental Research(2006-2008)、Journal of Oral Rehabilitation、Sleep Medicine Research
大阪大学大学院歯学研究科口腔解剖学第二教室 講師

睡眠時ブラキシズムは睡眠中に行なわれるGrindingやClenchingなどの咀嚼筋活動を主体とした非機能的運動です.ブラキシズムには覚醒時の最大咬合力を超える程大きい力を伴うものがあり,顎口腔系に破壊的に作用する可能性があります.特に補綴臨床では,歯の咬耗,ポーセレンの破折,歯根破折,インプラントの脱落など,ブラキシズムが関わるであろうトラブルには枚挙にいとまがありません.高度な知識と技術を駆使して渾身の治療を行っても,ブラキシズムの評価を誤り適切な対応を行わないと不幸な結果を招くことになります.これまで,齲蝕や歯周病についての多くの知見が積み重ねられ,それらは歯科医学の発展のために中心的な役割を担ってきました.また,近年のCAD-CAMを初めとするデジタル技術の導入,インプラント治療の進化は補綴歯科治療の質や予知性を飛躍的に向上しました.一方で,顎口腔系に生じる“力”への対応,つまり臨床において“顎口腔系に生じる力をどう読み,それに対してどのような対応をすべきか”,という問題については未解決な点が少なくありません.近年,睡眠医学的,あるいは生体力学的研究によりブラキシズム発生のメカニズム,ブラキシズムの顎口腔系への影響等について数多くの知見が集積されました.この情報を整理し正しい知識を得ないまま場当たり的に睡眠時ブラキシズムへの対応を行っても,その運用には限界があります.そこで,本講演では睡眠医学ならびにバイオメカニカルな観点からの睡眠時ブラキシズムの病態生理について最新の知見を解説し,これらを基盤とした合理的な対応法を解説します。

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2205 2単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2803 5単位

問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会学術講演会係
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲