• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第89回学術講演会開催 ご案内

阿部 修 先生

第89回学術講演会開催 ご案内

GPの歯内療法 − その質を高めるために −

日時:2014年11月30日(日)10:00〜16:30
講師:東京都開業 阿部 修 先生
会場:大阪大学中之島センター
会費:15,000円


【阿部 修先生 略歴】
平成12年
東京歯科大学 卒業
平成12年
医療法人社団 平和歯科医院勤務
平成14年
東京歯科大学 大学院(微生物学)
平成18年
東京歯科大学 大学院修了 歯学博士
平成18年
東京大学医科学研究所 幹細胞組織医工学研究部門 客員研究員(〜平成20年)
         医療法人社団 平和歯科医院開業
         東京歯科大学非常勤講師
平成26年
日本歯内療法学会教育研究委員

 近年、様々なNiTiファイルやMTAセメントの開発、そしてマイクロスコープやCBCTの臨床応用など、私たちの歯内療法を取り巻く環境は劇的に変化しています。さらに世界中で様々な研究が進んでおり、どのような薬剤が根管洗浄に効果的であるのか、どのNiTiファイルが破折しにくいのか等の新しい情報も次々と公開されています。現在、私たちはインターネットを通じて、そうしたEvidence Basedな最新情報をいつでも入手可能です。しかし、そのような新しい情報、新しい治療機材を単に臨床応用することだけで、私たちの日常歯内療法の質は本当に向上しているのでしょうか。
 歯内療法は物理的に見えにくい根管内において行われる繊細な処置の連続であり、さらに根管内に残存するバイオフィルムははっきりと見えないものが多いため、自分が頭の中でイメージして行っている処置と、実際に行われたその状態が異なっている可能性があります。これまで行ってきた手技で、どこまで根管清掃をはじめとする基本操作が達成されているのか、研究論文で得られた情報が、自分の臨床においてどこまで再現できているのか、このような点を顧みて検証する必要があると考えています。
 私たちにとって極めて日常的な治療である歯内療法の質を少しでも高めるために、GPとしてどのような点に注意し、具体的にどのような操作を行うことが効果的なのでしょうか。日常臨床における治りにくい症例と関連文献を照らし合わせながら、予後不良の原因とその対応について考えたいと思います。

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2201 1単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2203 1単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2503 5単位

申込方法

・ホームページからの申込で、コンビニから24時間振込み手数料無料で受講料の支払いをしていただけます。
・受講料送金用郵便振替用紙(郵便局備え付けの振替用紙も使用可)による申込もしていただけますが、
送金手数料は受講者負担となります。

振替用紙の「通信欄」に、  1. 受講者全員の氏名    2. 受講者全員の出身校    3. 送金明細  をご明記ください。


振込み先(加入者名)大阪大学歯学部同窓会学術委員会

(口座番号)00920-4-35010


・入金確定をもって受付完了となり、定員に達した時点で受付を終了させていただきますので、開催日が近くなりましたら申込前に事務局への電話あるいはホームページによるご確認をお願いします。
振込期限は、どちらの申込方法も1週間前までといたします。
・キャンセルにつきましては、原則として返金いたしかねますので、ご了承ください。
・受付完了次第、順次受講票兼領収証および会場周辺地図をお送りいたします。

問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会学術講演会係
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲