• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第90回学術講演会開催 ご案内

日時:2015年9月6日(日)10:00〜16:30
講師:東京医科歯科大学 大学院口腔機能再建工学分野 教授 鈴木哲也先生
会場:大阪大学歯学部記念会館
会費:15,000円

 

 100歳以上が6万人に迫るという超高齢社会に突入し、顎堤吸収の著しい難症例が急増しています。そのためか、何か特別な道具、新しい術式を使わなければ対応ができないかのような喧伝もみられます。しかし、多くの先生方は術式のみに目が向いて、なぜそうすれば良いのか、何が問題なのかという本質を理解していないため、同じ術式を使っても、たまたま「よい義歯」になる場合もあれば、「だめな義歯」になってしまうこともあるようです。そもそも「だめな義歯」と「よい義歯」ではどこに分岐点があるのでしょうか。今回の講演ではここに的を絞り、印象と咬合の2つの要因に分け、「鈴木のルール」を使ってわかりやすく解説します。
 総義歯は人工歯と義歯床のたった2つから構成される補綴装置です。実は留意すべきポイントにそれほどバリエーションはないのです。わざわざ難しく考え過ぎたり、些細なことに拘泥し過ぎてはいけません。優先順位を意識し、捨てるべきは捨てる診療であるべきです。
 臨床のQuestionとしては、なぜ顎堤吸収の著しい下顎総義歯の舌側辺縁は延長すればするほど予後不良になるのか、なぜフラビーガム症例ではゴシックアーチ描記法を使ってはいけないのかなど、多くの先生方が陥りやすい過ちを取り上げます。多数の症例写真とビデオを供覧し、昨日までの先生方の誤解と思い込みを、解き放してみるつもりです。
 今後は、ますます在宅や老人介護施設など,制約の多い環境下での診療機会が増えるはずです。どのような場面にたたされても,総義歯の本質を理解していれば、術式ありきではない柔軟な診療が可能となると考えます。

【鈴木哲也先生 略歴】
1980年
東京医科歯科大学歯学部 卒業
1985年
東京医科歯科大学大学院 修了
1985年
東京医科歯科大学歯学部 歯科補綴学第三講座 助手
1997年
米国オハイオ州立大学 visiting associate professor
2001年
東京医科歯科大学大学院 摂食機能評価学分野 助教授
2005年
岩手医科大学歯学部 歯科補綴学第一講座 教授
2011年
東京医科歯科大学歯学部 口腔保健学科 口腔保健工学専攻 教授
2014年
東京医科歯科大学歯学部 口腔保健学科 学科長
2015年
東京医科歯科大学大学院 口腔機能再建工学分野 教授

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2602 3単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2608 3単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2801 1単位

申込方法

・ホームページからの申込で、コンビニから24時間振込み手数料無料で受講料の支払いをしていただけます。
・受講料送金用郵便振替用紙(郵便局備え付けの振替用紙も使用可)による申込もしていただけますが、
送金手数料は受講者負担となります。

振替用紙の「通信欄」に、  1. 受講者全員の氏名    2. 受講者全員の出身校    3. 送金明細  をご明記ください。


振込み先(加入者名)大阪大学歯学部同窓会学術委員会

(口座番号)00920-4-35010


・入金確定をもって受付完了となり、定員に達した時点で受付を終了させていただきますので、開催日が近くなりましたら申込前に事務局への電話あるいはホームページによるご確認をお願いします。
振込期限は、どちらの申込方法も1週間前までといたします。
・キャンセルにつきましては、原則として返金いたしかねますので、ご了承ください。
・受付完了次第、順次受講票兼領収証および会場周辺地図をお送りいたします。

問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会学術講演会係
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲