• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

第98回学術講演会開催 ご案内


日時:2018年11月18日(日) 10:00〜16:30

講師:
・河原英雄先生(大分県開業)
・松田謙一先生(大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能再建学講座 助教)
・西田哲也先生(宮崎県開業)
・高森亜矢子先生(佐賀県開業)


会場:大阪大学歯学部記念会館
会費:15,000円

 

平成28年度の歯科疾患実態調査の結果から「8020達成者は5割を超えた(推計値;51.2%)」と報告されました。この結果を見て、若い歯科医師の中には、入れ歯は過去のものになったと考える人が増えたようです。事実、都会の若い歯科医師は、無歯顎あるいは多数歯欠損の義歯患者をほとんど経験していません。しかし、ここには大きな勘違いがあります。まず、高齢者の絶対数は爆発的に増えています。歯のある高齢者が増えているのは事実ですが、同じ調査で、85歳以上の総義歯装着者は46.3%と報告されています。そしてその年寄りが、三人寄れば入れ歯の話が出ます。総義歯の無歯顎者の数は多く、食べることに不満をもちながらも、あきらめて歯科医院に来ないために、私たちはお年寄りの切実な声に接する機会がないのです。お年寄りの「おいしく食べたい」という切実な要求に、私たち歯科医師は応えようとしていないのです。
私は、17年前に博多の天神から大分の田舎に移って、あまりにも多くのお年寄りが噛めない入れ歯に苦労していることを知って驚きました。以来、昔学んで経験を積み重ねてきた総義歯製作法を元に、簡便に義歯を調整し、ひとまず噛めるようにして、食べる喜びを回復することに努力してきました。治療の目標は、きれいな新義歯ではなく、「前歯で噛める」食べる喜びを回復することです。 平成30年の介護保険の改定では、自立支援が大きな柱になりました。地域包括ケアの中で、医師・看護師はじめ高齢者にかかわる多様な職種の人たちが、おいしく食べることの維持・回復を歯科医師に求めています。いまこそ、歯科医師としての役割を果たし、期待に応える時です。

【河原 英雄先生 略歴】
  1941年   福岡県生まれ
  1967年   九州歯科大学卒業
  1968年   福岡市内にて開業
  2002年   大分県佐伯市に移転開業
       
  医学博士
九州大学歯学部 臨床教授
台北医科大学歯学部 臨床教授
日本審美歯科協会会長、日本顎咬合学会会長などを歴任
       
【本講演に関係する著書】
  河原英雄、松岡金次、河原昌二、須呂剛士、河原太郎:保険総義歯のススメ、2013年、クインテッセンス出版
河原英雄:「かみつきがいい」入れ歯、2016年、生活の医療社
河原英雄:リマウント調整による総義歯装着者の咀嚼能力の改善、咬み合わせの科学、Vol.36, No.1・2、 2016
       
       
【松田 謙一先生 略歴】
  2003年   大阪大学歯学部卒業
  2007年   大阪大学大学院歯学研究科卒業
  2007年   大阪大学大学院歯学部附属病院 第二補綴科 医員
  2009年   大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能再建学講座 助教
       
  日本補綴歯科学会専門医・代議員
日本老年歯科医学会 認定医
日本口腔インプラント学会専修医
松風デンチャーコース 2010年〜2012年
GCベーシックセミナー 2012年〜2014年
BPSクリニカルインストラクター 2012年〜
       
主な講演歴(2015年以降)
  1.   『全部床義歯臨床における“印象”と“咬合”の歴史的変遷と論点の整理』
第124回日本補綴歯科学会学術大会 専門医セミナー 2015, 埼玉
  2.   『無歯顎患者における有床義歯補綴 −全部床義歯とIODとの比較−』
第124回日本補綴歯科学会学術大会 イブニングセッション 2015, 埼玉
  3.   『全部床義歯臨床における 術前・術後評価の重要性』
第23回日本歯科医学会シンポジウム 2016, 福岡
  4.   『全部床義歯製作にBPSを取り入れるメリット』
第2回補綴歯科臨床研鑽会 プロソ’16 シンポジウム3, 2016, 東京
  5.   『全部床義歯における難症例についての考察と対応』
第126回日本補綴歯科学会学術大会 臨床リレーセッション 2017, 横浜
       
主な雑誌論文(2015年以降)
  1.   『全部床義歯臨床のビブリオグラフィー』
歯科技工 (2015年1月〜2017年6月 全25回連載)
  2.   『無歯顎患者への戦略的補綴介入.IODと全部床義歯』
デンタルダイヤモンド(2017)42: 21-49.
  3.   『全部床義歯のClinical & Educational Question.』
歯界展望(2017)130(4): 625-641.
  4.   『現義歯から読み解く新義歯への手がかり,』
歯界展望(2018年1月より連載中)
  5.   『患者説明で変わる総義歯臨床』
クインテッセンス(2018年1月〜6回連載)
       

日本歯科医師会生涯研修事業研修コード3406 4単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード3407 2単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2602 2単位
日本歯科医師会生涯研修事業研修コード2608 5単位

申込方法

・ホームページからの申込で、コンビニから24時間振込み手数料無料で受講料の支払いをしていただけます。
・受講料送金用郵便振替用紙(郵便局備え付けの振替用紙も使用可)による申込もしていただけますが、
送金手数料は受講者負担となります。

振替用紙の「通信欄」に、  1. 受講者全員の氏名    2. 受講者全員の出身校    3. 送金明細  をご明記ください。


振込み先(加入者名)大阪大学歯学部同窓会学術委員会

(口座番号)00920-4-35010


・入金確定をもって受付完了となり、定員に達した時点で受付を終了させていただきますので、開催日が近くなりましたら申込前に事務局への電話あるいはホームページによるご確認をお願いします。
振込期限は、どちらの申込方法も1週間前までといたします。
・キャンセルにつきましては、原則として返金いたしかねますので、ご了承ください。
・受付完了次第、順次受講票兼領収証および会場周辺地図をお送りいたします。

問合わせ先

〒565-0871 吹田市山田丘1- 8
大阪大学歯学部同窓会学術講演会係
TEL.06-6875-1389(直通) FAX.06-6875-1353(専用)

このページのTOPへ▲