• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

歯科最新ニュース

日付はホームページ掲載日です

2018年12月31日(月)

「35歳からガムを噛め」と医師が勧める理由 (東洋経済ONLINE, 20181231)

「35歳からガムを噛め」と医師が勧める理由 認知症予防と歯周病の意外に深い関係
長谷川 嘉哉 (脳神経内科、認知症の専門医)  (東洋経済ONLINE, 20181231)
-------------------------------------------------------
「80歳になっても、自分の歯を20本残そう」という「8020運動」も世間に浸透し、歯の健康が体の健康につながるということは広く認知されています。歯を失うことでリスクが高まる病気には「認知症」も含まれるということをご存じですか? そして、歯を失う原因の1位は、むし歯ではなく歯周病だということも。つまり歯周病を予防することが認知症予防にもつながるのです。脳の老化を止める歯のケアについて、専門医の長谷川嘉哉氏が解説します。

■認知症歯周病で「脳のゴミ」が増える
歯周病がアルツハイマー型認知症を引き起こす――この事実は、さまざまな研究により判明し、近年では広く知られるようになってきました。歯周病菌が出す毒素によって・・・

続きは下記URLをクリック↓



https://toyokeizai.net/articles/-/256209

>>一覧に戻る

このページのTOPへ▲