• 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報
  • 理事会報告
  • 同窓会報
  • 掲示板
  • 会員の広場
  • フォトアルバム
  • 絆
  • 電子資料室
  • ダウンロード
  • 訃報

歯科最新ニュース

日付はホームページ掲載日です

2019年04月15日(月)

歯科訪問診療、歯援診以外で3割強が実施 在宅歯科医療調査  ―中医協・診療報酬改定結果検証部会

中医協の診療報酬改定結果検証部会が3月27日、厚労省内で開催され、「在宅医療と訪問看護に係る評価等に関する実施状況調査」の結果報告の中で、平成30年度診療報酬改定で見直しが図られた歯科訪問診療料、在宅療養支援歯科診療所(歯援診)の施設基準、訪問歯科衛生指導料の実施状況などが示された。
歯科訪問診療等の実施状況について、歯援診では「歯科訪問診療等を実施している」が90.0%で最も多く、歯援診以外の歯科診療所では「歯科訪問診療等を実施している」が33.8%、次いで「直近1年間に歯科訪問診療等を実施していない」が31.1%であった。また、歯科訪問診療等を実施していない理由について、歯援診以外の歯科診療所では「人手又は歯科訪問診療に当てる時間が確保できないから」が57.9%で最も多く、「歯科訪問診療を実施するために必要な機器・機材がないから」が43.3%、「歯科訪問診療の依頼がないから(ニーズがあれば対応は可能)」が40.5%と続いた。
歯科訪問診療等を最も多く実施した時間帯について、歯援診では「外来診療時間内」が44.4%で最も多く、次いで「外来診療時間の前後、昼休み(8時から18時までの間)」が38.3%、「外来診療日以外」が13.0%であった。歯援診以外の歯科診療所では「外来診療時間の前後、昼休み(8時から18時までの間)」が44.0%で最も多く、次いで「外来診療時間内」が34.6%、「外来診療日以外」が11.1%であった。
調査は昨年10月から今年1月に実施。全国の歯援診の施設基準を届出している歯科診療所2,000施設と、その他の歯科医療機関1,000施設の合計3,000施設に依頼し、1,697施設から回答があった。



https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000207397_00002.html

>>一覧に戻る

このページのTOPへ▲